「Xperia 1 III」 「Xperia 5 III」 「Xperia 10 III」が発表‼スペック、価格、発売日情報まとめ‼

今回はソニーが4/14日に発表会をYoutubeのチャンネルにて行いました。

事前情報では「Xperia 1 III」が公開されるとは聞いていましたが想像以上の発表でした。

詳しい詳細などは以下の動画よりご覧ください。

Xperia Announcement April 2021
元サイトで動画を視聴: YouTube.

発表された製品

今回の発表会ではタイトルにある通り「Xperia 1 III」 「Xperia 5 III」 「Xperia 10 III」の3機種が発表されました。

私は最近「Xperia 5 II」を購入しようとしてましたが「どうせ発表会はXperia 1 IIIの発表だろ」と考えていました。

だが、どうせ今「Xperia 5 II」を購入するなら数日待って「Xperia 1 III」の情報を見てからでも損はないのではと踏みとどまっていました。

そこで予想だにしなかった「Xperia 5 III」が発表されました‼うれしい‼(語彙力)

私の話は置いておいて発表された製品を順番に見ていきましょう。

Xperia 1 III

Xperia 1 III Official Product Video - Speed and beyond
元サイトで動画を視聴: YouTube.
本体サイズ(幅×高さ×厚さ)約71mm×約165mm×約8.2mm
重量約188g
OSAndroid 11
ディスプレイ6.5インチ 21:9 4K 120Hz HDR対応有機ELディスプレイ 
フロントはCorning® Gorilla® Glass Victus™を採用
リアはCorning®Gorilla®Glass6を採用
通信4G/5G Sub6/ミリ波 両対応
SoCQualcomm® Snapdragon™ 888 5G Mobile Platform
カメラリアカメラ
16mm(F2.2)の超広角レンズ(12MP)
24mm(F1.7)の広角レンズ(12MP)
70mm(F2.3)と105mm(F2.8)の可変式望遠レンズ(12MP)
リアカメラはすべてZEISS®のレンズ採用
3D iToFセンサー

フロントカメラ
8MP
RAM/ROM12GB / 256GB (外部ストレージ1TB)
オーディオ3.5mmイヤホンジャック搭載 最大音圧が約40%向上した新型スピーカー
Dolby Atmos® ハイレゾ 360 Reality Audio 360 Spatial Sound DSEE Ultimate
バッテリー4500mAhの大容量バッテリー 最短30分で約50%の急速充電対応
3年使っても劣化しにくいバッテリー
防水/防塵IP65 / 68
カラーフロストブラック、フロストパープル
フロストグレー(ドコモオンラインショップ限定)
その他機能おサイフケータイ® NFC FMラジオ ワイヤレス充電 指紋認証
値段未発表(ロシア版では日本円で約144,000円との情報)
発売日本年(2021年)初夏以降予定(ソニー) 2021年6月中旬以降(docomo,au,SoftBank)

ソニーによると「ソニーの最新技術を結集し、さらにスピードを極めた5Gフラッグシップスマートフォン」だそうで価格も約150,000円とスマホとしてはかなり高価です。

「Xperia 1 III」のスペックの要点をまとめていきます。

ディスプレイは前モデルの「Xperia 1 II」とサイズと解像度は変わりませんが、リフレッシュレートが120Hzにアップし世界で初めての4K 120Hz HDRに対応したディスプレイです。

カメラはレンズ自体は広角と超広角、望遠のトリプルレンズとなっており、望遠レンズは可変式でペリスコープ(屈曲光学系)で70mmと105mmの2段階に切り替えが可能になっている。

プロセッサーはQualcomm製の最新のハイエンドプロセッサーのSnapdragon™ 888を搭載している。Antutuスコアで総合スコア70万点代を叩き出すバケモノプロセッサーとなっている。

バッテリーはXperia史上最大容量の4500mAh30分で50%の急速充電に対応し、劣化しにくいバッテリーを搭載している。

通信はもちろん4Gと5Gに対応し5Gはミリ波にも対応しており、高速な通信が可能。

全体的に「Xperia 1 II」が正統的に進化したモデルとなっております。

Xperia 5 III

Xperia 5 III Official Product Video – Speed and beyond, made compact
元サイトで動画を視聴: YouTube.
本体サイズ(幅×高さ×厚さ)約68mm×約157mm×約8.2mm
重量約168g
OSAndroid 11
ディスプレイ6.1インチ 21:9 FHD+ 120Hz HDR対応有機ELディスプレイ Corning®Gorilla®Glass6を採用
通信4G/5G Sub6/ミリ波 両対応
SoCQualcomm® Snapdragon™ 888 5G Mobile Platform
カメラリアカメラ
16mm(F2.2)の超広角レンズ(12MP)
24mm(F1.7)の広角レンズ(12MP)
70mm(F2.3)と105mm(F2.8)の可変式望遠レンズ(12MP)
リアカメラはすべてZEISS®のレンズ採用
3D iToFセンサー

フロントカメラ
8MP
RAM/ROM8GB / 128GB 256GB(地域によって異なる)
(外部ストレージ1TB)
オーディオ3.5mmイヤホンジャック搭載 
Dolby Atmos® ハイレゾ 360 Reality Audio 360 Spatial Sound DSEE Ultimate
バッテリー4500mAhの大容量バッテリー 最短30分で約50%の急速充電対応
3年使っても劣化しにくいバッテリー
防水/防塵IP65 / 68
カラーグリーン、ブラック、ピンク
その他機能おサイフケータイ® NFC FMラジオ ワイヤレス充電 指紋認証
値段未発表(ロシア版では日本円で約122,000円との情報)
発売日日本では発売情報なし(海外で初夏以降?)

「Xperia 1 III」の全体的なサイズを小さくしたコンパクトモデルという位置づけのモデル

ディスプレイは「Xperia 1 III」と違い4KではなくFHD+(2520 x 1080)となっている。
だがHDR OLEDは搭載されている、というかスマホのサイズで4Kも要る?という点はあるが・・・、まぁ奇麗なのに越したことはない。

プロセッサは「Xperia 1 III」と同じSnapdragon™ 888を搭載しているがメモリは8GBになっている。もちろん8GBでも十分ハイエンドだ。

その他のカメラやバッテリーなどの機能は「Xperia 1 III」と同じのようだ。

日本での展開については現時点では未定。「Xperia 5 II」と同じくグローバル版を購入するしかないのだろうか?

私が一番欲しいのはこちらの「Xperia 5 III」です。

「Xperia 1 III」 より小さく、スペックは大体同じな「Xperia 5 III」は一番バランスが良いと思う。

Xperia 10 III

Unboxing Xperia 10 III with Dom O’Brien
元サイトで動画を視聴: YouTube.
本体サイズ(幅×高さ×厚さ)約68mm×約154mm×約8.3mm
重量約169g
OSAndroid 11
ディスプレイ6.0インチ 21:9 FHD+ HDR対応有機ELディスプレイ 
通信4G/5G Sub6対応
SoCQualcomm® Snapdragon690 5G Mobile Platform
カメラリアカメラ
16mm(F2.2)の超広角レンズ(8MP)
27mm(F1.8)の広角レンズ(12MP)
54mm(F2.4)の可望遠レンズ(8MP)

フロントカメラ
8MP
RAM/ROM6GB / 128GB (外部ストレージ1TB)
オーディオ3.5mmイヤホンジャック搭載 
Dolby Atmos® ハイレゾ 360 Reality Audio  DSEE Ultimate
バッテリー4500mAhの大容量バッテリー 最短30分で約50%の急速充電対応
3年使っても劣化しにくいバッテリー
防水/防塵IP65 / 68
カラーブラック、ホワイト、ブルー、ピンク、
イエロー(ドコモオンラインショップ限定)
その他機能おサイフケータイ® NFC FMラジオ 指紋認証
値段5万円前後の予想
発売日本年(2021年)初夏以降予定(ソニー) 2021年6月中旬以降(docomo,au,)

「Xperia 10 III」Xperiaのミドルレンジクラスである

正直「Xperia 10」はライトユーザーにかなりおすすめである。

エントリーモデルながら5G(Sub-6のみ)にも対応しておりバッテリーも大容量の4500mAhである。

プロセッサはSnapdragon 690でそこまで高くないものの普段使いや軽いゲームはできるスペックとなっている。
「Xperia 10 II」のSnapdragon 665と比較して1.6倍ほどの性能となっている。

「Xperia 1 III」 「Xperia 5 III」に搭載されているワイヤレス充電や可変式望遠レンズなどの機能はカットされている。

ゲームをせずYoutubeやWebサーフィン、Twitter程度の使用の場合は問題ないスペックだろう。

私が一番おすすめしたいポイントは今回「Xperia 10 III」には「DSEE ultimate」を搭載している。

「DSEE ultimate」はいままで「Xperia 1 II」「Xperia 5 II」などのハイエンドのXperiaや同社のDAPウォークマンシリーズ搭載されていた。

「DSEE ultimate」はAIにより非ハイレゾ音源を高音質にアップスケーリングする機能である。

この機能をまさかエントリークラスのXperiaに搭載してくるとは思わなかった。

「Xperia 10 III」は非常にコスパの良い機種でありソニーはライトユーザーを取り戻すことを目的に「Xperia 10 III」を発表したのだと思う。

まとめ

「Xperia 1 III」 「Xperia 5 III」 「Xperia 10 III」の情報をまとめてみました。

「Xperia 5 III」は英語のページから情報収集したため間違っている箇所あるかもしれません。

詳しい値段がわかり次第また更新していきます。

1

仮想通貨取引所のBitGetについて紹介したいと思います。

2

今回は最近使用している仮想通貨取引所の BitGet のトレードの方法を紹介します!

国内から日本円での入金方法を解説しています。 BitGetとは?登録方法は?という人は 前回の記事 をご覧下さい。

3

今回はマイニングで必要、あった方が良いものをご紹介します。 マイニングとは?という方は以下の記事から! CRYPTO LIFE2021.04.01マイニングとは?誰でもできるの?簡単なやり方を公開‼収 ...

4

今回はマイニングをするに至って注意が必要なことをまとめましたので是非ご覧ください。当たり前のことしか書いていませんがマイニング上級者の方も一度見直すという意味でご覧いただければ幸いです。

5

今回はマイニングをするに至って注意が必要なことをまとめましたので是非ご覧ください。当たり前のことしか書いていませんがマイニング上級者の方も一度見直すという意味でご覧いただければ幸いです。

6

Looopでんきは基本料金0円のシンプルプラン。 多くのご契約で毎月実は発生している「基本料金」をなしにして「使った分だけ」をお支払いするため、 電気をあまり使わない人にも、電気をたくさん使う人にもメリットがあります。 さらにいまはオール電化向けの新プランも登場!オール電化ご利用の方はぜひ! WEB上で切り替えを受け付けているので、24時間いつでも簡単に申し込みが可能です。 いくら安くなるのかのシミュレーションもできるので非常にわかりやすい新電力会社となっています。

© 2022 CRYPTO LIFE