【税金】bit Flyerで納税してビットコインをもらおう!

「仮想通貨の税金は高い」「課税されるから、含み益を確定できない」

このように、仮想通貨=税金が高いとイメージする人は多いでしょう。

しかし、仮想通貨取引で少しでも節税する方法があることを知らない方は多いです。

国内仮想通貨取引所のビットフライヤーは税金の負担を減らすため、「ビットコインをもらおう!」というキャンペーンを実施しています。

ビットフライヤーを経由してふるさと納税すると、返礼品としてビットコインが受け取れます。

納税して、通貨がもらえるお得なキャンペーンです。ぜひ、この記事を最後まで読んで活用してください。

bit Flyerキャンペーンの概要

ビットフライヤーは「さとふる」「ふるさとプレミアム」というふるさと納税サービスサイトと提携中です。

通常のふるさと納税では、自分が税金を払いたい地域を選べます。お礼として、納税した地域から「返礼品」と呼ばれるギフトや商品が届く仕組みです。

さらに、ビットフライヤーを納税の過程で経由することで返礼品と別でビットコインがもらえます。

返礼品とビットコインが同時に手に入るお得なサービスです。

提携しているサイトによって、もらえるビットコインが異なります。

サイトとビットコイン還元率は、以下にまとめました。

サイト名ビットコイン還元率
ふるさとプレミアム商品価格の2.7%
ふるさと本舗商品価格の2.6%
さとふる商品価格の1.2%

キャンペーンの注意点

納税してビットコインがもらえる素晴らしいサービスですが、注意点が2点あります。

  • BTC付与が取り消されるケースがある。
  • 確定申告の必要性

もらったビットコインが失効する可能性があります。取り消されるケースは以下です。

  • 提出した情報に不備があった場合
  • 不正行為が発覚した場合
  • 2年間サービス(bit Flyer)を利用しなかった場合

上記の内容には注意が必要です。

公式サイトの利用規約の第4条に詳細が掲載されています。気になる方は、チェックしましょう。

もう1点は確定申告です。

ビットコインを受け取ってBTC価格が上昇した場合、運用益が出ます。

キャンペーンで受け取ったものであれ、運用益がでたら確定申告が必要です。

現物保有したままでは課税対象にはなりませんが、他のコインに交換か法定通貨に換金した場合は税金がかかるので気をつけましょう!

まとめ:bit Flyerで納税してビットコインをもらおう!

この記事ではビットフライヤーを経由して納税することで、ビットコインがもらえるキャンペーンを紹介しました。

ビットフライヤーで納税すると、以下の3点が獲得できます。

  • 返礼品
  • 各ふるさと納税会社がおこなっているキャンベーンのギフト券やポイント
  • ビットコイン

ビットフライヤーのサービスを使って賢く税金を納め、さらに利益を大きくしましょう!

1

仮想通貨取引所のBitGetについて紹介したいと思います。

2

今回は最近使用している仮想通貨取引所の BitGet のトレードの方法を紹介します!

国内から日本円での入金方法を解説しています。 BitGetとは?登録方法は?という人は 前回の記事 をご覧下さい。

3

今回はマイニングで必要、あった方が良いものをご紹介します。 マイニングとは?という方は以下の記事から! CRYPTO LIFE2021.04.01マイニングとは?誰でもできるの?簡単なやり方を公開‼収 ...

4

今回はマイニングをするに至って注意が必要なことをまとめましたので是非ご覧ください。当たり前のことしか書いていませんがマイニング上級者の方も一度見直すという意味でご覧いただければ幸いです。

5

今回はマイニングをするに至って注意が必要なことをまとめましたので是非ご覧ください。当たり前のことしか書いていませんがマイニング上級者の方も一度見直すという意味でご覧いただければ幸いです。

6

Looopでんきは基本料金0円のシンプルプラン。 多くのご契約で毎月実は発生している「基本料金」をなしにして「使った分だけ」をお支払いするため、 電気をあまり使わない人にも、電気をたくさん使う人にもメリットがあります。 さらにいまはオール電化向けの新プランも登場!オール電化ご利用の方はぜひ! WEB上で切り替えを受け付けているので、24時間いつでも簡単に申し込みが可能です。 いくら安くなるのかのシミュレーションもできるので非常にわかりやすい新電力会社となっています。

© 2022 CRYPTO LIFE