暗号資産取引所コインベースCEO「すべての暗号資産の上場を目指す」と発言

米大手暗号資産取引所のコインベースは、8月19日に日本でサービスを開始しました。

日本でのサービスは現在、5銘柄のみ取扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BTC)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ライトコイン(LTC)

「次にコインベースに上場するのはどの銘柄か?」とSNSなどで憶測が立っている状況です。

その中で、コインベースCEOのアームストロング氏は

  • 「コインベースは暗号資産取引所のアマゾンを目指す」
  • 「すべての合法的な暗号資産をコインベースにリスト化」したいと発言しました。

コインベースはアメリカで暗号資産の取扱い数が83銘柄提供していて、日本でもサービスが拡大することを多くの投資家が期待しています。

コインベースはどんな取引所?

コインベースは「世界の経済的自由を高める」をミッションとして、2012年に開業しました。

2021年4月にナスダック上場、初日の時価総額が12兆まで上昇したことで、大きな話題になっています。

世界中の法規制を遵守していて、世界各国の規制当局と提携中です。

日本でも、金融庁の暗号資産交換業者の登録を完了しています。

アメリカではApple payやGoogle payと連携していて、スピーディーに仮想通貨を購入可能です。

日本進出と同時に、三菱UFJと提携し、「クイック入金」を取り入れました。

現在は三菱UFJの口座を持っていないと入金が出来ないため、今後もっと便利に多くの人が仮想通貨を購入できる仕組みを導入予定です。

今後のコインベースの動き

日本でのコインベースの活動について、コインベース日本法人社長の北沢直氏は

「なかなかお伝えしづらい」と発言しました。

ただ、コインベースは仮想通貨関連の企業に多く投資していて今後のサービス拡大が期待できます。

コインベースが投資している企業は以下です。

・大手MFTマーケットプレイス「Open Sea(オープンシー)」

・NFTトレーディングカード売買サービス「Dapper Labs(ダッパーラボ)」

・レンディング・DeFi大手「Compound(コンパウンド)」

・世界最大のeスポーツ団体ESLと提携

直近の新たなサービスとして、今月21日に仮想通貨の還元がもらえるデビットカードを発行しました。(現在は米国のみのサービス)

今後も投資先や提携企業との新サービスに期待できます。

まとめ: コインベースCEO「すべての暗号資産の上場を目指す」と発言

アームストロングCEOの発言と投資企業・コインベースの動きを見ると、日本でも仮想通貨を絡めたビジネス展開をしていくでしょう。

「黒船襲来」と例えられている今回の、コインベース日本上陸が私たちの生活をどう変えていくのか注目していきます。

1

仮想通貨取引所のBitGetについて紹介したいと思います。

2

今回は最近使用している仮想通貨取引所の BitGet のトレードの方法を紹介します!

国内から日本円での入金方法を解説しています。 BitGetとは?登録方法は?という人は 前回の記事 をご覧下さい。

3

今回はマイニングで必要、あった方が良いものをご紹介します。 マイニングとは?という方は以下の記事から! CRYPTO LIFEマイニングとは?誰でもできるの?簡単なやり方を公開‼収益公開も‼【仮想通貨 ...

4

今回はマイニングをするに至って注意が必要なことをまとめましたので是非ご覧ください。当たり前のことしか書いていませんがマイニング上級者の方も一度見直すという意味でご覧いただければ幸いです。

5

今回はマイニングをするに至って注意が必要なことをまとめましたので是非ご覧ください。当たり前のことしか書いていませんがマイニング上級者の方も一度見直すという意味でご覧いただければ幸いです。

6

Looopでんきは基本料金0円のシンプルプラン。 多くのご契約で毎月実は発生している「基本料金」をなしにして「使った分だけ」をお支払いするため、 電気をあまり使わない人にも、電気をたくさん使う人にもメリットがあります。 さらにいまはオール電化向けの新プランも登場!オール電化ご利用の方はぜひ! WEB上で切り替えを受け付けているので、24時間いつでも簡単に申し込みが可能です。 いくら安くなるのかのシミュレーションもできるので非常にわかりやすい新電力会社となっています。

© 2022 CRYPTO LIFE