リップルプライベート環境構築(Ubuntu 18.04)

リップルノード(rippled)を Ubuntu 18.04 へ導入(バリデーター、トラッキング)

● rippled の導入

1. yum-utils のインストール
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install yum-utils alien
2. Ripple RPM repository の追加
$ sudo rpm -Uvh https://mirrors.ripple.com/ripple-repo-el7.rpm
3. Rippled のダウンロード
yumdownloader – enablerepo=ripple-stable – releasever=el7 rippled
4. Rippled パッケージの確認
$ sudo rpm – import https://mirrors.ripple.com/rpm/RPM-GPG-KEY-ripple-release && rpm -K rippled*.rpm

▼ rippled-**.rpm: digests signatures OK が表示される

5. Rippled パッケージのインストール
$ sudo rpm – import https://mirrors.ripple.com/rpm/RPM-GPG-KEY-ripple-release && rpm -K rippled*.rpm
6. バリデーターサーバー構築手順
※ バリデーターサーバーとする場合は当手順を実施。
※ 識別暗号化キー(バリデータノードキー)の作成
※ スタンドアロンモードで起動し、識別暗号化キーの作成(バリデーターサーバー台数繰り返す)

$ sudo -u rippled /opt/ripple/bin/rippled -a – start &
$ sudo -u rippled /opt/ripple/bin/rippled -q validation_create
$ sudo -u rippled /opt/ripple/bin/rippled stop
7. 設定ファイルの修正
$ sudo vi /opt/ripple/etc/rippled.cfg
$ sudo vi /opt/ripple/etc/validators.txt
8. rippled service の有効化
$ sudo systemctl enable rippled.service
$ sudo systemctl list-unit-files – type=service | grep rippled.service

▼ rippled.service enabled が表示される

9. rippled service の起動
$ sudo systemctl start rippled.service
$ sudo systemctl status rippled.service
10. rippled service の起動
$ /opt/ripple/bin/rippled server_info

プライベート環境では構築されたバリデーターサーバー同士での認証が行われます。


1

仮想通貨取引所のBitGetについて紹介したいと思います。

2

今回は最近使用している仮想通貨取引所の BitGet のトレードの方法を紹介します!

国内から日本円での入金方法を解説しています。 BitGetとは?登録方法は?という人は 前回の記事 をご覧下さい。

3

今回はマイニングで必要、あった方が良いものをご紹介します。 マイニングとは?という方は以下の記事から! CRYPTO LIFE2021.04.01マイニングとは?誰でもできるの?簡単なやり方を公開‼収 ...

4

今回はマイニングをするに至って注意が必要なことをまとめましたので是非ご覧ください。当たり前のことしか書いていませんがマイニング上級者の方も一度見直すという意味でご覧いただければ幸いです。

5

今回はマイニングをするに至って注意が必要なことをまとめましたので是非ご覧ください。当たり前のことしか書いていませんがマイニング上級者の方も一度見直すという意味でご覧いただければ幸いです。

6

Looopでんきは基本料金0円のシンプルプラン。 多くのご契約で毎月実は発生している「基本料金」をなしにして「使った分だけ」をお支払いするため、 電気をあまり使わない人にも、電気をたくさん使う人にもメリットがあります。 さらにいまはオール電化向けの新プランも登場!オール電化ご利用の方はぜひ! WEB上で切り替えを受け付けているので、24時間いつでも簡単に申し込みが可能です。 いくら安くなるのかのシミュレーションもできるので非常にわかりやすい新電力会社となっています。

© 2022 CRYPTO LIFE