ビットコインノードの構築(Ubuntu 18.04)

ビットコインノード(Bitcoin core)を Ubuntu 18.04 へ導入

● Bitcoin Core の導入

1. Bitcoin公式のPPAからダウンロード/インストール
$ sudo apt-add-repository ppa:bitcoin/bitcoin -y
$ sudo apt-get update -y
$ sudo apt-get install bitcoin-qt -y
$ sudo apt-get install bitcoind -y
2.ユーザー、パスワード暗号化ファイル(rpcauth.py)の作成
$ vi rpcauth.py

#############################################################################################
#!/usr/bin/env python3
# Copyright (c) 2015-2018 The Bitcoin Core developers
# Distributed under the MIT software license, see the accompanying
# file COPYING or http://www.opensource.org/licenses/mit-license.php.

import sys
import os
from random import SystemRandom
import base64
import hmac

def generate_salt():
    # This uses os.urandom() underneath
    cryptogen = SystemRandom()

    # Create 16 byte hex salt
    salt_sequence = [cryptogen.randrange(256) for _ in range(16)]
    return ''.join([format(r, 'x') for r in salt_sequence])

def generate_password():
    """Create 32 byte b64 password"""
    return base64.urlsafe_b64encode(os.urandom(32)).decode('utf-8')

def password_to_hmac(salt, password):
    m = hmac.new(bytearray(salt, 'utf-8'), bytearray(password, 'utf-8'), 'SHA256')
    return m.hexdigest()

def main():
    if len(sys.argv) < 2:
        sys.stderr.write('Please include username (and an optional password, will generate one if not provided) as an argument.\n')
        sys.exit(0)

    username = sys.argv[1]

    salt = generate_salt()
    if len(sys.argv) > 2:
        password = sys.argv[2]
    else:
        password = generate_password()
    password_hmac = password_to_hmac(salt, password)

    print('String to be appended to bitcoin.conf:')
    print('rpcauth={0}:{1}${2}'.format(username, salt, password_hmac))
    print('Your password:\n{0}'.format(password))

if __name__ == '__main__':
    main()

#############################################################################################
3.ユーザー、パスワードの暗号化
※ rpcauth.py を用いることで RPC で使用する username、passwordを
※ 暗号化し rpcauth 取得する。
$ chmod 755 ./rpcauth.py
$ ./rpcauth.py username password
4. Bitcoin設定ファイルの修正
$ sudo vi /etc/bitcoin/bitcoin.conf

	##### サンプル #####
	
	mainnet=1
	HOST=localhost
	server=1
	rpcport=8332
	txindex=1
	rest=1
	rpcauth=username:af587******************************
5. Bitcoin Core サービスの有効化
※ データ格納ディレクトリまたは Bitcoin設定ファイルの指定を変更する場合は、
※ 先に「サービス設定変更手順」を行うこと。

$ sudo systemctl enable bitcoind.service
$ sudo systemctl list-unit-files – type=service | grep bitcoind

▼ bitcoind.service enabled が表示される

6. Bitcoin Core サービスの開始
$ sudo systemctl start bitcoind.service
$ sudo systemctl status bitcoind.service
7. Bitcoin Core 稼働確認
$ sudo tail -f /var/lib/bitcoin/debug.log
$ bitcoin-cli -conf=/etc/bitcoin/bitcoin.conf getblockcount  ※ 設定ファイルを指定して起動

構築後ウォレットまたはマイニングノードとして作動します。

● サービス設定変更手順

1. Bitcoin Core サービスの無効化
$ sudo systemctl disable bitcoind.service
$ sudo systemctl list-unit-files – type=service

▼ bitcoind.service disabled が表示される

2. bitcoindサービス設定ファイルの修正
$ sudo vi /lib/systemd/system/bitcoind.service

※ -datadir または -confを必要に応じ修正
	ExecStart=/usr/bin/bitcoind -daemon -datadir=/var/lib/bitcoin -conf=/etc/bitcoin/bitcoin.conf -pid=/run/bitcoind/bitcoind.pid
3. サービス設定ファイルの再読み込み
$ sudo systemctl daemon-reload

これでサービス設定の変更は完了。必要に応じてサービスを起動する。

1

仮想通貨取引所のBitGetについて紹介したいと思います。

2

今回は最近使用している仮想通貨取引所の BitGet のトレードの方法を紹介します!

国内から日本円での入金方法を解説しています。 BitGetとは?登録方法は?という人は 前回の記事 をご覧下さい。

3

今回はマイニングで必要、あった方が良いものをご紹介します。 マイニングとは?という方は以下の記事から! CRYPTO LIFEマイニングとは?誰でもできるの?簡単なやり方を公開‼収益公開も‼【仮想通貨 ...

4

今回はマイニングをするに至って注意が必要なことをまとめましたので是非ご覧ください。当たり前のことしか書いていませんがマイニング上級者の方も一度見直すという意味でご覧いただければ幸いです。

5

今回はマイニングをするに至って注意が必要なことをまとめましたので是非ご覧ください。当たり前のことしか書いていませんがマイニング上級者の方も一度見直すという意味でご覧いただければ幸いです。

6

Looopでんきは基本料金0円のシンプルプラン。 多くのご契約で毎月実は発生している「基本料金」をなしにして「使った分だけ」をお支払いするため、 電気をあまり使わない人にも、電気をたくさん使う人にもメリットがあります。 さらにいまはオール電化向けの新プランも登場!オール電化ご利用の方はぜひ! WEB上で切り替えを受け付けているので、24時間いつでも簡単に申し込みが可能です。 いくら安くなるのかのシミュレーションもできるので非常にわかりやすい新電力会社となっています。

© 2022 CRYPTO LIFE